2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

「あんたジロンの何なのさ」

本業が忙しく制作の方があまり進まくて更新出来ないでいましたが、
今年一発目の更新です。(おいおい、もうサクラの季節だよ...)
更新は出来ないものの地道に作業は続けていたわけです。

あまり変わり映えしてませんが(汗)、各部を煮詰める方向で。。

[頭部]
口のダクトは開口して0.3mmプラ板で作りなおし。
DSC_0720.jpg

DSC_0722.jpg

操縦席の窓?は最初、市販の商品などを入れてるPET素材を使う予定でしたが、
キットのものが割と薄い事に気づき、加工して使う事にしました。
ですがやはり割れやすいので、変更した形状に合わせて慎重に削り小さくしました。
DSC_0735.jpg
また頭を小さくしたためスペースが無く操縦席が入らなくなりましたが
なんとか中にはジロンとラグらしき人(笑)を座らせました。
DSC_0738.jpg  
ややオーバースケールに見えますが何とか二人を確認出来ますね(笑)
DSC_0747.jpg
首は旧マークⅡから移植。
DSC_0730.jpg


[胴体]
胴体の横スイングはあまり意味がない気がするのと、胸の下も厚みを出すために固定して
エポパテで埋めてしまいます。
DSC_0744.jpg  
肩軸には武装取り付け用ダボを埋めるついでに、ネオジム磁石を仕込んでやり脱着可能としました。
これ本当に強力ですね!間に1mm厚のプラ板ぐらいあってもラクラク付いちゃいます!
DSC_0704.jpg

肩の付け根部分は最後まで悩みましたが、単に切り離して詰めるより、
箱絵のイラストを参考に角張った形状に持っていきました。

外側のプラの厚み分だけ削ぎ落とし1mmプラ板で塞ぎ直します。
DSC_0711.jpg

DSC_0719.jpg
やってみるとかなり印象が変わり、効果がありました!
DSC_0723.jpg


[腕] 部分
こちらも旧マークⅡの肩パーツを移植しています。
肩の外装は控えめに開口。
上の面までガッポリ切れば良く動く所ですが、イメージ優先で。
DSC_0717.jpg
肘軸に合わせてタイヤカバーの位置を90度変更して穴を開け直す。
DSC_0733.jpg


[脚] 部分

エポパテでカットラインの形を整えます。
DSC_0734.jpg
脚の長さを8mm延長。作例ではプラ板でしたが、ここは潰してしまった比較用のキットから移植。
その方が楽だし(笑)
DSC_0715.jpg

脚の軸となるフレームはいろいろ試した結果、一番しっくりきた
MG「ガンダムVer ONE YEAR WAR 0079」版を使う事にしました。
ちなみに「ガンダムVer 1.5」も成型色の違いがあるだけで脚フレームは同じです。
DSC_0752.jpg
太腿はパーツを挟み込んで2mm穴を貫通させて、プラ棒を軸通して
固定&補強としました。
DSC_0759.jpg
ふくらはぎは隙間にエポパテ&ゼリー状瞬間で固定。
さらにスネのところにL型アングルを設けてスネパーツが可動に合わせてスライド出来るように
しました。
DSC_0763.jpg


[その他]
背中のスキッパー操縦席も胴体に合わせて幅詰めします。
中心で2mm詰めました。
赤い部分も左右各2mmずつカットして肩幅に合せます。
DSC_0632.jpg  
キャノピーもキットのモノを使うので、角のピラー部分でカットして正面のガラスを左右で幅詰めします。
DSC_0729.jpg
左右のダクトの中身パーツををそのまま付けると不自然なので、形状に合わせて加工します。
DSC_0739.jpg DSC_0743.jpg

そうなると羽にも手を入れます。
最初は固定でいんじゃね? と思ってましたが、
フル武装にした時に当たってしまい困るので、ギミックである中のギアも噛み合う位置で
詰めて可動を活かしました。
DSC_0731.jpg
操縦席もでっちアップ。ハンドルはプラパイプを輪切りにしてエッジを落としそれらしく
しました。あとは手持ちのエッチングで。。
DSC_0766.jpg


[武器]

武器類にも手をいれます。
DSC_0764.jpg
キットのはそのままでは厚みが足りないので、2mmプラ板を挟み込み
DSC_0765.jpg 
ライフルと手のひらにもネオジム磁石を仕込んで保持力を強化!
ディテールも追加。
DSC_0804.jpg
各種武装も...
DSC_0811.jpg
新規にパイプを通すため、余分な所をカットした後
リューターで削りまくりますよ!
DSC_0767.jpg

キットのは設定のまま持ち手が右側になっていますが、
これではライフルを持たせられないので、
劇中と同じく左用に改造しました。
DSC_0816.jpg

DSC_0817.jpg

肩の武装は脱着式にする為、アタッチメントに先に肩軸仕込んでおいたネオジム磁石と同じ位置で
埋込みます。
DSC_0819.jpg

DSC_0820.jpg


この辺でとりあえずフル武装してみる。
うおおっ!!
カッコ良いんでないかい?
ザブングルはやっぱりこうでないとね!(笑)
DSC_0770.jpg
以上で工作は終了!!
塗装準備に入ります。

次回でザブングルは最後になります。
塗装が完了しましたら更新します。
ではでは。


     

.27 2012 1/100ザブングル comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/102-c90c7e7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。