2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

レスキューボール編  -メカも顔が命です-

レスキューボール編に突入したいと思います。

まず、予め削り出しておいたカプセルを組んでおきまして
先生が書かれた当時のホビージャパンの記事を参考にして
塗料皿を両サイドに固定しPカッターでそろりそろりと慎重に削っていきます。
PAP_0053.jpg PAP_0052.jpg
上手く削れたら慌てず騒がず一息つきましょう。
PAP_0054.jpg PAP_0051.jpg
PAP_0050.jpg
次に隙間の出来た部分にマル棒を貼り付けます。
PAP_0046.jpg
スジ彫りに取り掛かります。
PAP_0049.jpg 
その他のパーツも取り付けちゃいますよ。お約束のロッグマックが。。
PAP_0041-1.jpg  PAP_0047.jpg
このへんで、そろそろコクピット内の事も考えなければいけないので、
パイロットおじさんをこさえていきます。
使用したのはタミヤのピットクルーセットとレーシングチームセットです。
CA330034.jpg 
上手く中に収まるようにポーズをつけていきます。
CA330038.jpg PAP_000000.jpg
ポーズが決まりましたらエポキシパテで宇宙服を着せていきます。
 sa.jpg  PAP_00003.jpg PAP_0000001.jpg
自分の場合、服のシワ表現はいつも妻楊枝を使っています。
スパチュラなども使いますが、これが一番シワ表現がしっくりくるからです。
ここら辺は好みにもよりますが。。

硬化後に磨いてシワの調整もしておきます。
K.jpg
パイロットおじさんが出来たらコクピット内を作っていきます。
後から取り付けるパーツのケガキ線を入れるため仮止めしていきます。
PAP_0043.jpg PAP_0044.jpg
PAP_0042.jpg
透明パーツを仕上げていきます。
この部分は透明パーツに複製する関係から特に磨きを入れなければなりません。
これを怠ると透明度が下がってしまうからです。
今回は3Mの研磨フィルムなるものを使ってみました。
PAP_0010.jpg PAP_0009.jpg
コンパウンドも併用しながら徐々に番数を上げて仕上げていきます。
PAP_0008.jpg
表面が平滑になってきました。でも、まだまだかな?
最終的に10000番まで上げて磨きました。
PAP_0007.jpg
画像の順番が違いますが、ほぼ出来上がったので、
仮組みをして全体のバランスをチェックします。
PAP_0016.jpg PAP_0017.jpg
OKならばまたバラしてサフ吹きに移ります。
パーツ数が多いので大変です(汗)
PAP_0012.jpg nn.jpg
そしてまた仮組。ついでに申請用の写真も撮っておきます。
PAP_0000100.jpg  PAP_0001.jpg
という事で何とか完成しました!この後は複製業者様にお願いして
何ヶ月か待ってキットが出来る訳であります。

以上で制作記は終わりです。
毎度のことですが、いつもスケジュールがギリギリでイベント何日か前からは
泣きそうになりながら準備をしている管理人でした。。

ちなみにキャメルの在庫はまだ僅かにありますので、
ご希望の方はお早めにどうぞ!

お付き合い頂き ありがとうございました!

 

.31 2007 キャメル制作記 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/20-6309b4d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。