2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

1/20キャメル オンラインマニュアル[ 胴体編 ] その2

      [ 胴体編 ] その2

  1. 続いて下面のパーツもケガキ線に合わせて取り付けていきます。
    スタビライザは画のような位置で。
    55.jpg 76.jpg
    56.jpg 57.jpg
  2. バーニアは先に画のようなパーツを取り付けておきます。
    58.jpg 59.jpg
    60.jpg 61.jpg
  3. 次に首の中の部分ですが、最初に説明したように赤い部分のみを使います。
    残りは [ レスキューボール編 ] で使いますので、無くさないよう
    とっておいてください。
    62.jpg
  4. 各パーツを組みます。そのあと胴体側に組み込みます。
    バーニア状のパーツを撮り忘れてました(汗)
    取り付け位置はこちらを参考にしてください。
    63.jpg 64.jpg
    65.jpg 66.jpg
  5. 胴体とレスキューボールを繋ぐパーツです。
    この部分は非常に薄いパーツながらとても加重が掛かる所なので、
    補強が必要となります。自分は1mm角の洋白線を使いました。
    68.jpg 69.jpg
  6. 胴体へ接続する際の角度ですが、原型の時ケガキ線を入れ忘れました。
    取り付け位置はこちらを参考にしてください。
    ここも接着のみでは強度的に弱いので、真鍮クギを縦に2本入れてみました。
    71.jpg 70.jpg
  7. 高圧酸化剤ポンプ,ドップラレーダーの取り付け
    74.jpg 73.jpg
    72.jpg 75.jpg
  8. スプリングは2mm×75mm、2mm×60mm、2.5mm×7mmです。
    下面のステーは真鍮線1.5mm×28mm×16mm
    アンテナは真鍮線0.8mm×82mm基部1.5mm×6mmで、3mmほど
    出して接続します。
    78.jpg 79.jpg
    77.jpg 
    82.jpg 83.jpg 84.jpg
  9. 脚部の付け根、胴体側の同じ位置にも1mm真鍮線で軸打ちをしておきます。
    こうしておく事で丈夫な子になります。
    80.jpg 81.jpg
  10. 接続してここまで完成です。
    85.jpg 86.jpg
    87.jpg 88.jpg


    次回   [ レスキューボール編 ] に続く



.19 2007 キャメル説明書 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/4-5adb4fec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。