2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

映画「汚れた英雄」(ヒデオじゃないよ)

久々の更新です。

この映画、何年かおきにマイブームがやってくる。
汚れた英雄 [DVD]汚れた英雄 [DVD]
(2004/09/24)
草刈正雄

商品詳細を見る

公開は82年、当時は中学生であったが、後にバイクというモノに憧れて
乗るキッカケになった映画です。公開後GP&レーサーレプリカブームが
やってきて、自分もどっぷりハマってた一人です。
バリ伝の影響もアリ。
PDVD_032.jpg
PDVD_053.jpg
原作は大藪春彦氏が1969年に発表した長編小説で、
角川映画により映画化。草刈正雄さん演じる主人公の北野晶夫が
苦悩しながらも再び世界グランプリに挑戦していく様を描いております。

この映画の為に草刈さんは中型免許を取りに行ったという逸話もあり
本編ではちょこっとだけ本当に走っています。
でもさすがにレースシーンは無理なので、
尊敬する平忠彦さんがスタントを努めてます。
草刈さんもそうだけど共演者の浅野温子・奥田瑛二・勝野洋・伊武雅刀
みんな若け~し時代を感じますな。
ローズマリー・バトラーが歌う 主題歌「Riding High」もパワフルで
今聴いても最高です。
当時は走りながら頭のなかでリフレインしてましたわ(バカ)
そういえばこの人、幻魔大戦の主題歌も歌ってたっけ。

車やバイクも好き(ロックとF1とレーサーバイクは80年代が最高っす!)で
ちょうどタミヤのYZR500を作りたいと思っていたので
モチベーションが高いうちに作ってみますか、ということでネタはコレ
CA390598.jpg
でも、よくよく考えたらバイクの模型って20年以上前にNS500を作った以来
だったので果たして上手く出来るかどうか。。
もちろんストレートには作りませんよ、あたしゃ。

今回やってみたいのは「汚れた英雄」で北野晶夫が駆ったマシンです。
なのでまずは資料集め。
大日本絵画のアーカイブを中心に
CA390599.jpg
ネットで映画やマシンの資料を集めていくと色々とわかったのですが、
撮影には市販レーサーのヤマハTZ500が使われてたようです。
自分も公道での走り屋(若気の至り)に限界を感じて←ウソつけ!
レースがしたくて中古のレーサー89`TZ250買って筑波サーキットとかを走っていたので
気分だけは「汚れた英雄」でしたよ(笑)
ちょうど写真が出てきたので晒してみました。
img080-1.jpg
img079-1.jpg
img087.jpg
当時チームの先輩の会社のガレージの一角を使わせてもらい整備してました。
表には何故かフォードGT40があったりします。
確かレプリカだったと思いますが、某番組で所ジョージさんが試乗してましたよ。
他にもいわゆるスーパーカーが一杯置いてありました。
なんだかバブリーな時代でしたが、自分はビンボーライダーでした。
でも楽しかったな~。
img088.jpg

話がズレて&前置きが長くなりましたが、まずはフレームから作らなければなりませんね。
TZ500は丸フレームなのですが、キットのは角フレームです。
CA390578.jpg
最初はプラ棒を温めながら曲げてみたけど、時間が経つと少しずつ
元に戻ってしまう為上手く行きません。
なので真鍮線を芯にしたら何とか上手くいきました。
CA390592.jpg
でもフレームなんて初めてなので、ここまでに何回も作り直したりしてます。
シンメトリーが中々出ず苦労しました。
CA390577.jpg
CA390580.jpg
CA390579.jpg
クルマもそうですが、バイク模型の世界も物凄い技を持った人達が沢山いるみたいで
奥が深いですね。かなり参考にさせてもらいました。
自分はヘタレなので工作技術をレベルアップするにはもってこいかもしれません。
一から旋盤でアルミの挽物の部品を作る人もいます。スゴイ!

次にエンジンマウントのリブとかを付けていきます。
これが後に残念な事になろうとは....
CA390587.jpg
試しにクランクケース部分を載せてみたら、なんか変。
マウント位置が少し高い。ガビョ~ン!
コピー ~ CA390589
CA3905901.jpg
ほんの1ミリ程度だけど,実車にしたらエライ高さだわ。
横にはしるパイプも並行が出ていないよ。
妥協しようかとも思ったが、基本となる骨だから
ここで手を抜くと後々大変なので、作り直しです。(泣)
道のりは遠い。。






.29 2010 TZ500 comment2 trackback0

comment

ながと
 チィース。

 汚れたひでお……じゃなくて英雄。伊武雅人の「エブリバディリッスン」の場内アナウンスがなぜか耳から離れませんが、ハルキ角川監督作品では一番完成度高くてよかったなぁ~。白人お姉ちゃんもヒロインも「さよならジュピター」とか「ガンヘッド」と違って綺麗だったし。厨房の時はあの手前のグラスが邪魔で仕方なかったです(笑)

 スクラッチのつづき楽しみにしてまっさ~!
2010.05.30 21:10
さとやん
この頃の伊武雅刀といえばデスラー総統もそうだけど、伝説のスネークマンショーだね。実況のノリもそのまんまなのが笑えますな。実車は資料を見ると完成しないというジンクスにハマリそうですわ(笑)
2010.05.30 23:45

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/68-7018cd2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。