2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

YZR(ワークス)とTZ(市販)の違い ちょっと考察

前回多少の直しでOkかと思っていたけど、新たな資料画像が手に入り
YZRとTZでは微妙な違いがる事が判ってきました。

まずキット化されてるYZR500(kit No,1)はOW48という型式なのだが
大日本絵画ヤマハ アーカイブ 1978-1988の資料に掲載されているのはOW35K。
流れをくんでいるのでパッと見似てるけど、よく見るとけっこう違う。
CA390618.jpg
この頃の並列4気筒マシンでは

78年OW35K
79年OW45⇒TZ500(翌80年から市販化)
TZ 500 G 80 4A0
TZ 500 H 81 5A0
TZ 500 J 82 5Y9
エンジンまわりを見ても市販TZ500はYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)は電気式ではなく
機械式のゴツイのがついてます。
クラッチプレートもキットのモノとは違うな~

TZ500
photo_1768.jpg 57bf_35-1.jpg
80年OW48⇒キット化(シーズン途中からの角型アルミフレーム仕様)
         タミヤがキット化したわりにはネットでもあまり資料が無い、何で?
ow48-ui1.jpg
汚れた英雄での劇中の会話ではメカニックの奥田瑛二が「シリンダーの向きを変えてみた」などと言ってたが、
しかしマシンは2台あったし、主人公が使用したマシンは前半は前方排気の市販レーサーTZ500GかH型から
後方排気のTZ500J型に乗り換えてる模様。
J型もフレーム・タンク・スイングアーム・チャンバー・シート・キャリパー等の形状が違う。

TZ500G~H型                                             TZ500J型
PDVD_034.jpgPDVD_075-1.jpg   
作りたいのはG~H型の方なんだけど、新たに発見した写真ではフレームの途中の絞り込みの長さが
違っていているように見えるの自分だけか?そもそもシートレールの溶接位置も違ってた。

TZ500                             OW35K
photo_1310-2.jpgCA390615.jpg   
どのみち絞り込みの形が甘いのである。
CA390603.jpg
なんだか気に入らなくなってきたので、初めから作り直す事にした。
一回目より二回目の方が上手くい くはずなので。。

最初はこのあたりフレームは同じでしょ!とタカをくくって作っていたのがイケなかった。
本当に一から作り直し(もっと調べてから作るべきだった) orz


徐々にドツボにハマりつつある今日この頃。。

.05 2010 TZ500 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/70-290bd0d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。