2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

タンクの続き

タンクのニー部分というのであろうか?
ラインが違うのでポリパテで裏打ちしてから削りました。
CA390621.jpg
厚みが違うんですよね。でニー部分はもっとエグレている感じ。
CA390622.jpg
この後タンク裏も再現する予定(ほとんど見えないケド)
CA390623.jpg
パテが乾くまでの間フレームのエンジンマウントを作り直し。
CA390619.jpg
今回は資料どうりちゃんと厚みも持たせました。小さくて目、目がショボつく。
気のせいか最近老眼になってきたので、ローガンズに入れるかも。
CA390620.jpg


.09 2010 TZ500 comment5 trackback0

comment

越後屋
 バイク、俺も大好き。一時乗っていたしねー。
 私はフレームの作り直しなんて考えたこともないけど、さとやんがフレームにこだわる気持ち、分かります。
 フレームがふにゃふにゃのバイクなんて、こわくてとても乗る気になれないからねえ。
 さとやん自身が仮想ライダーになれるような作品に仕上げてください。

 汚れた英雄、原作はステキだったけど、映画は未見。見た方がいいですかね。
2010.06.09 18:37
さとやん
原作やはり良いですか?
恥ずかしながら実はまだ読んでないんですよね。
大筋は知っているんですが、やはり活字で読む事に意義があるし
かなり映画に影響受けまくったので絶対読むべきたと思っています。

映画よかったら観て下さい。原作を知っている方にはがっかりする部分もあるかもしれませんが、
一度はバイクに乗っていた人には再び熱いモノが込み上げてくるはずなので是非。
2010.06.09 21:37
越後屋
 アマゾンでみたら、原作本はすでに絶版みたいですね。中古も巻によっては結構な値段がついている。
 案外、近くの図書館とかにあるかもね。でも、こういう本は借りられたまま帰ってこないケースも多いからねえ。
 ちなみに地元の図書館HPで検索したら1巻と3巻だけありました。
 燃える話だと思うけど、何せ50年ぐらい前だから、入っていけない可能性もあると思います。
 映画、ちょっとレンタル店で探してみます。
2010.06.10 14:18
さとやん
さすがに絶版でしょうね。アマゾンの中古は300円ぐらいからありましたね。本の程度は判りませんが。。

昔の話でも大丈夫ですよ。各バイクメーカーの歴史ドキュメンタリーを見ると必ず浅間高原レースの話が出てきますね。当時の時代背景にも興味ありますし。
戦後の話で北野晶夫の生い立ちから浅間高原レース話、その後のWGPへの挑戦、4輪レーシングドライバーへの転向と、読んでみたいエピソードが一杯ありそうですね。モデルになったライダーもいるとか。。
うちの近所のレンタル店にはありましたよ。
大きいチェーン店ならあるかもですよ。

あれ、スパム扱いされてしまったよ。何でだろ?
2010.06.11 01:08
さとやん
原因判明。
その手のサイトからのスパムコメントが多いので
登録しておいた禁止ワードに引っかかった為でした。
2010.06.11 01:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/74-f7c6f17b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。