2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

アルミで再現したいパーツ

サイレンサーです。今時とかはチタン製だけど昔はカーボンやアルミ製でした。
長さが違うので作り直しですが、どうせなら同じアルミで再現したいです。
CA390687.jpg
15_20100618193650.jpg
同じ経のアルミパイプをカッターでカット
CA390688.jpg
問題はカバー部分ですが、プレスで作ってみます。
雄型と雌型を用意します。
雌型は肉厚を考慮して1mm大きめにします。
ここ大事なので、ボール盤で垂直に開けます。
何故か模型用にしては本格的なボール盤があるし。。
CA390667.jpg
ちょっとづつ叩いてプレスしてみる。
CA390689.jpg
途中で破れてしまいました。バーナーで焼き鈍しても同じ結果に。。
CA390690.jpg
残骸その1
CA390691.jpg
仕方ないのでプラ板でヒートプレス
CA390692.jpg
こんな感じ。一応絞れてはいますね。
CA390693.jpg
残骸その2 (笑)
CA390695.jpg
切り出して整形する。
CA390694.jpg
被せてみる。
CA390697.jpg
先端に使うアルミの2mmパイプが無かったので後で調達するとして
とりあえず真鍮で代用し、お手軽にガンダムマーカーのシルバーを塗ってみた。
試作とはいえ、色を載せるとあんまり質感の違いが無い気がする....
腕のなさを実感しつつも納得いかないので、もう一捻り欲しい所。
アルミでのプレス部分、何か良い方法があれば御教授くださいませ~。
CA390696-1.jpg




.18 2010 TZ500 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fireorange.blog74.fc2.com/tb.php/79-9d6df6ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。